最新情報

2019.09.24

楽しいことを探そう!とうもろこしマーケティングで新たな話題を生み出す──楽紫

深紫色は多くの商品の中においても際立って目を奪うほど神秘的であり、面白いほど人の注意を引きます。瓶が入っていると思われる段ボール箱に目をやると、実はそれは直立させて一本一本置いてある「黒宝紫糯とうもろこし」であることがわかります。このようなデザインは人にビールの短い賞味期限と、飲む時の楽しさを思い起...

2019.09.24

米ぬか・有機米ぬかがどのようにして洗練されたギフト市場に踏み込んだのか?──醤好糠

茶色い長方形のギフトボックス、そして白色のカバーには、一枚一枚お米の形をしたイラストが描かれ、その筆遣いはまるで墨で圏点をつけたかのようであり、自然な技法により描いたものに見えます。ある箇所には昔ながらの窓飾りのようなラインが描かれており、時間の深さと流れが溶け込んでいるかのようです。また、別の箇所...

2019.09.24

音楽の形態により、天と地と人との調和というイメージを引き出す──樹重奏

「山果公司」の秘境のような農地には草が生い茂り、眺めも見事です。草生栽培を採用しているので、生態は共生関係にあり、果樹園には例えばトンボ、アカホシテントウ、キイロスズメ、ヨナグニサン等の数多くの昆虫を目にすることができ、センザンコウやフクロウさえも出没します。さらさらと流れる川の傍らでは、ユカンだけ...

2019.09.24

水産品を焼き上げた新鮮な味をブランドイメージから読み取れる──小鯨先生

高雄大寮区に位置する「巧津食品行」は、鄭淇瑒の父母により1996年に設立されました。主な事業内容は、水産品の卸売り、小売り、おつまみ、スナック等のその他調理食品の製造です。淇瑒と弟は卒業後に両親の元に戻り、手伝いを始めました。そして市場の変化を観察したことで、ブランドの開発を決定し、2016年に「T...

2019.09.24

ブランド作成により、ビーフンが時代に追いつき国際化へ──老鍋ビーフン

新竹ビーフンの起源は1858年まで遡ります。元々は福建でビーフンを生業とした郭泉四兄弟が海を渡って台湾に来た後、新竹・大南勢の集落にやってきて、稲を多く産出する客雅渓の川が作り出す地層、新竹特有の季節風を利用してビーフンを作りだしたことに由来します。全盛期は1970年代であり、ビーフン工場は120軒...